事業資金はファクタリングで調達することがおススメ!

事業資金はファクタリングで調達することがおススメ!

電球と硬貨

ファクタリングとは?

事業資金を調達する方法の一つに、ファクタリングがあります。ファクタリングとは売掛金と呼ばれる、債権を持っていて収入がある事は確実なのに、支払期日前であるせいで振り込まれていないお金を、債権を業者に売ることで先に回収する方法です。ファクタリングには、自社とファクタリング業者の二社で行うものと、そこに取引先会社を合わせた三社で行うものの2タイプがあり、三社で行うファクタリングの方が信用できるので、手数料が安いです。

メンズ

ファクタリングの特徴

ファクタリングの特徴は、お金を借りているわけではないという点です。事業資金を調達するために融資してもらうと、後々利息をつけてその金額を返さなければなりません。しかしファクタリングはあくまで債権を売ることなので、将来受け取る資金から手数料を除いた分を、先払いしてもらうことになります。つまり調達した資金は返済不要です。返済が必要なお金は、プレッシャーとなって事業を保守的にしてしまいます。しかし資金が返済不要なら、失敗のリスクがあってもチャレンジする余裕があるので、自由なプロジェクトを行なえます。

事業資金と運転資金の違い

必要な資金全部

事業資金とは、事業を行うにあたって必要なすべての資金のことを指します。これは初期投資として不動産や設備を購入するだけでなく、その後事業を運営する時にかかる人件費や電気代も含んだ金額なので、事業を新しく作る上で算出する数値です。

続けるための資金

運転資金は、事業資金から初期投資を除いた、運営に必要な資金のみをまとめた金額を指します。毎月職員の給料はどの程度で、そこに水道代や電気代も加えて、と計算することで、月にいくら利益をあげれば事業を存続出来るかが分かります。

広告募集中